これさえ押さえれば完璧!面接を勝ち取る9つのコツ

index

  1. 早期退職の理由を聞かれたら
  2. 上手な自己PRの仕方
  3. よくある質問と回答のポイント
  4. 志望動機のポイントと例文
  5. 短所を聞かれたら
  6. 聞きにくい質問の上手な聞き方
  7. 知っておきたいマナー
  8. 自己紹介の仕方
  9. 転職回数の多さを経験の多さとして語る
     

①早期退職の理由を聞かれたら

転職の際に、どうしても聞かれる質問と言えば、早期退職の理由でしょう。
「なぜ、前職を辞められたのですか?」この質問をされたとき、あなたはどのように答えますか。このような質問には
答え方というものがあります。その答え方について今回、説明していきたいと思います。

明るく印象良く答えましょう 

前職を辞めた理由を聞かれた際、笑顔で明るく答えることを心がけましょう。笑顔で印象良く答えることで、前向きな人
だなと思ってもらえます。面接を上手く進めたいのであれば、良い印象を持たれるよう心がけるようにしましょう。
この人だったら、当社で頑張ってくれそうだなと思ってもらえる人になることが大切です。

面接の際の答え方

面接の場合、答える際の内容というのも大切です。前職の辞める理由を話す際、良い印象を持たれるようにしなければなりません。
例えばですが、「前職の経験を活用して、今よりもキャリアアップしたいと思いました。」と、答えるといったことです。
このような答え方をすることで、面接官に良い印象を持ってもらえると言えるでしょう。

答える内容を練習しましょう

答える内容が決まったら、練習する必要があります。明るい笑顔の状態で、「前職の経験を活用して、今よりもキャリアアップ
していきたいと思いました。」と、明確に答えられるようでないといけません。

世の中は、どんなことも明るく真面目に考えながらも、素直に受け入れる方が求められていますので、そのような人間になれるよう
に努力することで、面接も上手くいきます。
 

②上手な自己PRの仕方

面接が始まると、必ずと言っていいほど自己PRをしなければなりません。
自己PRとは、自分はどのような人間でどのような志を持って介護職をしたいと思っているのか説明することです。ある程度、
質問されることが決まっているのですから、事前に用意しておくことで落ち着いて対応することができます。

入社を希望する会社を知る努力をする

自己PRですが、自分のことを説明する際に、入社しようとしている会社について調べる努力をしたということを
伝えなければなりません。

「私は、御社の提供する介護サービスについて、多くの人たちが安心して暮らせるまちづくりに貢献していると思いました。
御社が、長年取り組んでいる介護の○○については、5年後、○○になる世の中で、必ず必要なとなるサービスだと感じます。」
このように面接官に伝えれば、当社のことを、よく調べてきたのだなと良い印象を持ってもらえるでしょう。

会社に求められる姿に合うような自己PR

会社には、求めている人物像というのがあります。仕事の内容によって、求められることは様々ですが、
その企業に合うような自己PRをしなければなりません。

「私は、○○という長所があります。この長所は、御社の介護現場で、必ず役に立つことができます。」
このように、自分の長所と会社の求めていることを合わせることで良い自己PRができます。面接の際は、仕事内容に
ついて経験がなかったとしても、謙虚に面接を受けることで、そのような姿も面接管はしっかり見ています。
心を正して、自己PRをするようにしましょう。
 

③よくある質問と回答のポイント

面接を上手く進めるためには、事前に質問内容を予想しておくことが大切です。介護職なら、この質問をされるだろうという
ことを予め予想し、回答を用意しておくことで、面接の時も落ち着いて対応ができ面接官の印象も良くなるでしょう。

当社を希望する理由を教えてください。

面接官というのは、なぜこの人が当社に入社しようと思ったのか、ということを知りたいと思っています。その際は、
入社しようと思っている会社が取り組んでいることを調べて、
「御社の介護サービスの○○を積極的に行う姿勢を見て、私も少しでもお役に立ちたいという思いで入社を希望しました。」
という答え方をしましょう。

前職を退職した理由はなんでしょうか?

以前勤めていた会社を退職して、新しい会社に入社する場合、退社した理由というのがどうしても気になります。その際は、
良い印象を持ってもらえるような答え方をしなければなりません。
大切なことは、自分の答えようとしている内容が、前向きなことかどうかということです。

残業は大丈夫でしょうか?

入社したい気持ちは分かりますが、家庭の事情などで残業できないにもかかわらず、残業できると答えてしまってはいけません。
入社したあとに会社の人を困らせる結果となってしまいます。
できないのであれば、「家庭がありますので残業はできません。」と理由をつけた上で、答えましょう。

当社に質問はありますか?

最後によく聞かれる質問ですが、これに関しては、「入社した際、どのような流れで介護業務を行っていくのでしょうか。」
というような質問をしましょう。
面接の流れで業務説明があった場合は、他の質問に変えるなどして、質問を事前に用意しておきましょう。
 

④志望動機のポイントと例文

介護職における志望動機というのは面接官に必ず聞かれることです。答え方というのは事前に用意できるので、
しっかりと答えれるように心がけましょう。

経験から思う志望動機

過去に祖父や祖母の介護を経験しているのであれば、そのような経験をもとに志望動機を説明すれば、
面接を上手く進めることができます。

「祖母を介護していて、この仕事は将来にわたって必ず必要な仕事だと思いました。ですので私は、
介護の仕事に就きたいと思いました。」というような説明をしましょう。

自分の成長も考えた前向きな志望動機

介護職というのは様々な資格があります。その資格の勉強を頑張る姿を見せることで、前向きな姿を伝えることができます。
「御社で働かせていただく際には、介護の資格取得の勉強も行い、その資格を使用して貢献していきたいと考えています。」
というような説明をすることで、前向きさを伝えることができます。

そして過去に介護職を経験されている方は、前職で経験したことを御社で役立たせたいというような説明をすることで、
前向きに感じてもらえます。

未経験の方の志望動機

未経験の方は、社会のことと絡めて志望動機を説明しましょう。
「これからは高齢化社会なので、そのような社会の中で、お年寄りが生活しやすい、まちづくりをするべきだと思いました
ので介護職を希望しました。」というような説明をすれば、未経験でも納得のいく志望動機です。
 

⑤短所を聞かれたら

面接で短所を聞かれた場合、印象良く思ってもらえる答え方というのがあります。
今回はその答え方を丁寧に説明していきたいと思います。

短所の答え方の事前準備

まず、どのようなことを短所として答えるのか用意しておきましょう。
今回は例として、「真面目すぎるところです。」というのを使用し説明したいと思います。話の流れとしては、
短所を説明したあとに、プラスに思ってもらえるように説明していきます。

実際の面接官への答え方

短所に関する質問がされた際、「真面目すぎるところです。」と正直に答えます。
そのあとに、プラスに思ってもらえるような前向きな理由を説明します。

「真面目なことは、良いことですが、時間や場所に応じた行動をしなければならないので、その点について正しい行動が
とれるように努力しています。」といったような説明です。

努力し改善する姿を伝える

短所を説明する場合、面接官は自分の短所をどのように克服するのかという点を見ています。ですから現状に対して、
具体的にこのような努力をすることで、克服する努力をしているということを明確に伝えましょう。

前向きな印象を持ってもらいましょう

努力し改善する姿というのは、実際の現場でも必要なことです。仕事を任されたときに失敗してしまったとしても、
前向きにとらえて努力し、改善できるかを見ているのです。
ですから、この人なら仕事を任せても大丈夫だと思ってもらえるように答えていきましょう。
 

⑥聞きにくい質問の上手な聞き方

介護職の面接では労働条件についてなどを質問する場合、どのような聞き方をしたら良いのでしょうか?
質問の仕方を事前に理解しておくことで、相手に前向きな印象を持ってもらいながら、知りたいことを知ることができます。

残業についての質問

残業について質問する場合、「残業はありますか?」という質問をストレートに聞いてしまうと、印象はあまり良くありません。
そのような質問をする場合、「従業員の皆さんは、毎日どれぐらいの時間まで働かれていますか?」と質問してみましょう。
このような質問をすることで、自分が働いたときの姿を想像しているのだなと感じてもらえます。

休日についての質問

休日について質問する場合、前向きであると思ってもらえるような質問をしなければなりません。
「忙しい場合、休日であったとしても、出勤しなければならなくなると思います。そのようなことは、何月に多いですか?」
というような質問をしましょう。
あくまでも働く姿勢を伝えなければ、臨機応変に対応してもらえないのかなと思われてしまいます。

質問は大切だけれど会社の気持ちも大切に

自分が分からないことについて、明確に質問することは大切ですが、会社としても運営するのに事情というものがあります。
休日といえども、どうしても手伝ってほしいと言わなければならないこともあると思います。そのような事情を考慮しながら、
気になることは質問をしましょう。
 

⑦知っておきたいマナー

これから介護職の面接を受ける方に基本的なマナーについて説明していきます。
自己PRの内容も大切ですが、マナーも大切ですので守るようにしましょう。

面接時間を守り丁寧な挨拶をする

面接時間についてですが、決められた時間にしっかりと行くようにしましょう。現場に着いたら、自分がどのような者で
何のために、ここに来たのかを丁寧に説明しましょう。

この時点で面接が始まっているという気持ちを持って、相手に接することが大切です。ここでしっかりとした丁寧な対応
をしておけば、実際に面接する方に引き継がれるときに、「丁寧な方が面接に来ていただけました。」と
伝えられているかもしれません。

入室してからの流れを頭でイメージしましょう

面接で何を話すか決めることは大切なことですが、入室の際のマナーも大切なことです。軽くドアをノックして、「どうぞ」
という声が聞こえたらドアを開けて、「失礼いたします。」としっかりと返事をしましょう。

入室後に椅子の横に立ち、「私は、○○です。本日はよろしくお願いします。」と丁寧に挨拶をして一礼をします。その後、
面接官が「おかけください。」または、「どうぞ。」と言ったら「失礼します」と一声かけてから着席します。
手荷物に関しては、自分の椅子の横に置いておきましょう。

退室する場合の流れ

面接の質疑応答が一通り終わったら席を立ちます。
そして、自分から「本日はありがとうございました。宜しくお願いします。」と言い、一礼します。

ドアを開けたときに再度、面接官の方を向いて「失礼します。」と一礼し、退出しドアを静かに閉めます。
これが基本的な面接の際のマナーです。覚えておきましょう。
 

⑧自己紹介の仕方

今回は面接官に「自己紹介をしてください。」と言われた際の対応の仕方について説明します。事前に用意しておけば、
明確に答えられますので、どのようなことを言えば良いのか説明していきます。

1分間の自己紹介をする場合

1分間の自己紹介をしなければならないと仮定してその中で説明することは、自分の氏名などの簡単な自己紹介と、
自分の長所についてです。自分にはどのような長所があって、その長所を活用してどのように会社の役に立ちたいのか
説明するだけで、非常にイメージが良いと言えます。

自己紹介はその場で考えるものではなくて、事前に言う内容を用意して行うものですので、話す内容は決めておきましょう。

話し方を見られている

面接で話す内容も大切ですが、面接官は話し方なども確認しています。相手に物事を伝える際、ゆっくり伝わるように
話せているか、簡潔に話を進められているかなど、様々のことをその場で確認しています。
面接で話す際は、ゆっくりと丁寧に話が伝わるように自己紹介を行いましょう。

笑顔を心がけて練習しましょう

面接の際は笑顔を心がけてゆっくりと話しましょう。笑顔で話されている姿を見たら、面接官としても安心感があります。
事前に自己紹介があると思って、頑張って練習してきているのだなと感じてもらえるでしょう。素晴らしい自己紹介がしたい
のであれば、事前に練習をしておきましょう。事前に練習をしておくことで、面接の場でも慌てずに分かりやすく伝えられます。
 

⑨転職回数が多い場合の対策

転職回数が多い場合は面接でどのように答えたら良いのでしょうか。もしあなたが転職回数が多かったとしても、
面接の際の答え方次第で面接官の印象を良くすることができます。その答え方について説明を行っていきます。

転職回数の多さを経験の多さとして語る

転職回数が多いということは、言い方を変えれば様々な企業を見てきたということです。様々な企業を見て、企業ごとに学ぶことが
あったでしょう。その学んだことを、現在どのように活用しているか丁寧に説明するのです。

明確に学んだことを説明し、活用していることはどのようなことなのか詳しく説明することで、面接官に現状についてよく分かって
いると思ってもらえます。

目的意識を持った答え方をする

転職回数の多い場合は目的意識を持った答え方をしてください。「私は、○○の企業で高齢者の接し方を学びました。ですから、
今よりも上を目指すために、○○の企業で学んだことを元に、○○のことを経験してみたいと思っています。」といったような答え方です。目的意識をもって行動してくれる人というのは、面接官にとっても良い印象を持ちます。

入社したいという思いを伝える

転職回数が多かったとしても、入社したいという思いはしっかりと伝えられます。心の底からしっかり働きたいという思いを持って、
面接官に面接をしていただくことで、その雰囲気を面接官も感じとっています。
入社したいという思いを面接官に感じとってもらえるのであれば、転職回数が多かったとしても入社できる可能性はあります。
 

お役立ち情報カテゴリ一覧

お問い合わせ

求人情報に関するお問い合わせは
右記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

求人情報に関するお問い合わせは
下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-515-597

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

Webからのお問い合わせ

とじる